お役立ち情報 Useful

UP

メンタルケア

リモートでできるラインケアの観点

今般の新型コロナウイルスの流行により、可能な限りリモートワークが推奨されています。もともとリモートワークという働き方に慣れていた労働者・管理職であればよいのですが、今回は十分な準備もないまま、リモートワークに突入している場合も多いはずです。

UP

メンタルケア

【コロナ疲れ対策】自宅でできるセルフケア

時差勤務、在宅勤務、外出制限で体内リズムが乱れがち。体内リズムが乱れると、脳の機能やホルモン、自律神経に影響し、眠りが浅くなったり、ご飯がおいしく食べられなくなったり、やる気が出なくなったりと不調が起こりやすくなります。

UP

職場環境改善

集団分析後の対策と現場の実情

皆様の会社では、ストレスチェックの集団分析を受け取られた後、高ストレスと思われる職場に対して、どのような対策をとられているでしょうか。

UP

病気

心身症について

日常生活の中でストレスを感じることは多いものです。上手に対処できればよいのですが、ためすぎると、心や体の調子を崩してしまうことがあります。過剰なストレスが、身体の病気になって現れることを「心身症」と呼びます 。 今回は 「 心身症」について、ご紹介いたします 。

UP

生活習慣

睡眠について

肌寒くなる時期になってまいりましたが、この機会に自身の睡眠状況について改めて考えてみましょう。

UP

食事

カフェインとの付き合い方

今回は、わたしたちに身近なカフェインについて考えてみましょう。お客さまとの打ち合わせの際や、ちょっとした気分転換に、コーヒーやお茶を愛用されている方、多いのではないでしょうか。

UP

運動

運動習慣について

運動をはじめ、食事、睡眠・休養など、健康的な生活を送るための活動は、実はメンタルヘルスにも深いかかわりがあります。ストレスがたまっているときに運動をしたらすっきりした、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。今回は、ご自身の運動習慣について考えてみましょう。

UP

こころ

あなたに合ったリラックス法を見つけましょう

皆さんは、毎日リラックスの時間をとることが出来ていますか?日々、仕事や家庭のことで忙しくしていると、リラックスする時間が少なくなり、自律神経の働きが不安定になります。この自律神経、心身を健康に保つのにとても大切な神経なのです。

UP

特定保健指導

当社でのモデル実施の支援プログラム

モデル実施とは特定保健指導第3期から始まった運用で、積極的支援の参加者が初回面接後一定の改善ができれば、ポイントに関係なく保健指導を終了できるというものです。

UP

重症化予防

脳卒中について

脳卒中は虚血性脳卒中(脳梗塞)と出血性脳卒中に分けられます。