会社情報 Company

健康経営の取組みHealth management initiatives

1. 健康宣言(健康経営に取り組む目的)

当社は、SOMPOホールディングスの「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスを提供し、社会に貢献する」というグループ経営理念の実現に向け、より多くの「こころと身体」の健康の実現に貢献することを社会的使命と考え、長年の実績と最新の知見・技術を融合することで、より付加価値の高い健康に資するサービスの提供に努めております。

また、先進企業等との協業や各領域の専門家との連携を進め、最良・最新・最適なサービスを追求し効果や利便性の向上を図ることで、変化するお客さまのニーズに的確かつ迅速に応え、「こころと身体」の健康をサポートするリーディングカンパニーを目指しております。

そのためには、社員一人ひとりが健康で、誠実さ、高い倫理観、高い職業意識を持ったプロフェッショナル集団であることが不可欠です。

また、企業の持続的な成長には、風通しの良い職場、やりがい、従業員と家族の健康などを基盤とした活力のある企業風土が極めて重要です。

当社の経営理念である「より多くの『こころと身体』の健康の実現に貢献」を実現するために、当社は健康経営に取り組み、社員の健康保持・増進を図ります。

SOMPOグループの健康経営の取組み(SOMPOホールディングスホームページ)
https://www.sompo-hd.com/csr/action/employee/content1/

2. 推進体制

SOMPOヘルスサポート推進体制図
SOMPOヘルスサポート推進体制図

3. 健康課題

メンタルヘルス不調の予防
従業員が心の健康を保ち、働きがいをもっていきいきと働き続けられるように
従業員のメンタルヘルス対策に取り組みます。
女性の健康に関する取組み
当社従業員の約7割を占める女性従業員が健康な状態で活躍できる環境づくりに取り組みます。
生活習慣病の予防
当社従業員においては、生活習慣病のリスクとなる肥満、血圧、血糖、喫煙等に関する各種リスク保有率は低い状況ですが、この状態を更に改善すべく生活習慣病の予防に取り組みます。
ワークライフバランスの推進
従業員のこころと身体の健康が保持され、家族・友人などとの充実した時間をもてるように
ワークライフバランスの推進に取り組みます。

4. 課題に対する取組み内容と
目標および成果

目標 成果
2017年度 2018年度 2019年度
1. メンタルヘルス不調の予防
①ラインケア研修、
セルフケア研修の実施
それぞれ年1回以上の実施 ラインケア
研修:実施
ラインケア
研修:実施
ラインケア研修:
実施(1回)
セルフケア研修:
実施(2回)
②ストレスチェック
および組織診断の実施
ストレスチェック
受検率95%以上
94.8% 92.4% 94.4%
2. 女性の健康に関する取組み
①ラインケア研修、
セルフケア研修の実施
それぞれ年複数回の実施 2019年度より取組み開始 ラインケア研修:
実施(3回)
セルフケア研修:
実施(3回)
3. 生活習慣病の予防
①健康診断の実施 定期健康診断の受診率:100% 100% 100% 100%
②保健指導の実施(健康保険組合と連携して実施) 保健指導対象者割合の削減 3.7%(5名) 4.8%(8名) 3.2%(6名)
参加率:100% 100%
(5/5名)
75%(6/8名) 66.7%(4/6名)
③受動喫煙対策 2022年度末までに
従業員喫煙率5%
10.0% 9.2% 7.2%
4. ワークライフバランスの推進
①時間外労働の削減 法定外労働時間:
年平均200時間
2018年度より
目標設定
214時間 208時間
②休暇取得 必須取得休暇の
完全取得
92.9% 93.0% 98.9%
年次有給休暇50%以上
取得者割合:50%以上
39.5% 45.7% 53.3%

5. 外部からの評価・表彰

「健康経営優良法人2020
大規模法人部門(ホワイト500)」に認定

当社は、経済産業省および日本健康会議の運営する健康経営優良法人認定制度において、「健康経営優良法人大規模法人部門(ホワイト500)」に4年連続認定されています。

健康経営優良法人2020大規模法人部門(ホワイト500)

「健康優良企業(銀)」に認定

当社は健康保険組合連合会東京連合会が参加する「健康企業宣言東京推進協議会」において、「健康優良企業(銀)」に認定されています。

健康優良企業(銀)