お役立ち情報 Useful

UP

職場環境改善

リモートワークがもたらす集団分析結果への影響(1)

新型コロナウイルスの影響により、多くの企業がリモートワークを導入しました。

その後の感染対策の整備に合わせて、徐々に通常勤務に戻していく企業がある一方で、働き方改革を加速させていくために、引き続きリモートワークを継続する企業が増えてきています。

今回は、リモートワークを継続して実施している企業において「今後どのようなポイントを意識して集団分析結果を見るべきか」についてお伝えいたします。

これまでの組織構造の多くはピラミッド型

従来の企業における組織構造の多くはピラミッド型です。経営層をトップとした構造で、指示・命令が一つの指揮命令系統を通じて、組織の上層部から下層部へおります。

また、一般的な部門においては、管理職→中間管理職→各メンバーといった構造になっているかと思います。

こういったピラミッド構造は、上層部から下層部にかけて指示・命令・伝達といった情報を落とすのに非常に効率が良く、また下層部で起きている情報を選別したうえで上層部に上げるのにも効率的です。

これまで多くの企業のストレスチェックによる集団分析結果を見てきましたが、いくつかの指標を見ていくことで、その部門で起きている状況を推察することができました。

集団分析結果は、きちんと読みこなしていけば相応の情報が得られます。
ただしそれは、ピラミッド型組織を前提としていたからこそ可能であったとも言えます。
それでは継続してリモートワークを推進している企業はどうなるのでしょうか?

リモートワークは従来の組織構造を破壊するか?

いち筆者の意見ですが、従来のピラミッド型が徐々に変化し、プロジェクト型に移行するのではないかと考えています。
結果として集団分析から得られる情報の質も変化し、分析の仕方や解釈の仕方もまた、必要に応じて変えていかなくてはならないと感じています。 (次号へ続く)

「お役立ち情報」や「セミナー」の最新情報をお届けするメールマガジンのご登録は以下よりお願いします。
>>メールマガジンへのご登録